射精までにかかる時間が短いことを早漏と言います。
射精までの時間が短いことに悩んでいる人は多く、付き合っている人との関係がうまくいかないケースもあるでしょう。
症状が長引くと更に悪化したり付き合っている人との関係にも支障がでるので、何かしらの治療を考えることをおすすめします。
プリリジーは早漏を克服することができる治療薬として海外で認可されているもので、世界中の人が利用していて射精時間をコントロールすることが可能です。

プリリジーの成分ダポキセチンについて

看護師

プリリジーの有効成分であるダポキセチンは、SSRI(セロトニン再取込阻害薬)に区分されます。
脳内神経伝達物質であるセロトニンの再吸収を阻止することによって、セロトニン濃度を高めたりノルアドレナリンの分泌などを抑制することが可能です。
脳内の過剰興奮を抑制することによって射精時間が延長される仕組みになっていて、他のSSRIと比較すると特に射精中枢に働き脳内セロトニンの濃度をアップすることができます。

ダポキセチンは世界中で利用されている早漏治療薬で、「プリリジー」として販売されていて高い評判を得ています。
ダポキセチンが登場する前は早漏を克服するためのセマンズ法やスクィーズ法といったトレーニングや、局所麻酔薬であるリドスプレーを使って感度を低下するような治療が行われていました。
最近は早漏治療の標準治療としてダポキセチンが利用されていて、早漏の原因と言われているセロトニン不足からの相対的なノルアドレナリンの過剰を改善することが可能です。
脳内の過剰興奮を抑え射精時間が延長される仕組みで、その効果として射精時間が約で3倍~4倍延長されるでしょう。
アメリカ人の男性を対象にした臨床研究ではダポキセチンを30mgと60mgを12週間、性行為毎に服用した際、膣内挿入~射精までの時間が平均54秒の人が30mg服用した場合は平均3分41秒延長しました。

ダポキセチンを60mg服用した場合は平均4分11秒まで延長することができ、使用した人の満足度も2倍になったことが認められました。
性行為中に関しても有意義な結果が報告されていて、射精時間が延長されてもその感度は変わりません。
ダポキセチンは非常に高い早漏改善率を誇っていて、約75%の人に効果があると言われています。

ダポキセチンを服用することによって射精時間が延長するというデータもあり、使用していると次第に射精時間が長くなる傾向があります。
性行為の都度、ダポキセチンを継続的に服用することから早漏症自体を改善する効果もあり、治療の継続性を重要視することが可能です。
プリリジーは性行為1時間ぐらい前に内服すると効果を発揮することができ、食事する前や後などのタイミングはそれほど気にしなくても良いので比較的利用しやすいでしょう。

プリリジーを病院で処方すると高いってホント?

プリリジーは早漏に非常に効果を発揮することができる薬ですが、病院で処方してもらうと薬代が高くなります。
プリリジーは先発医薬品になっているので、他の医薬品と比べると高値に設定されています。
プリリジーは世界で最初に早漏改善に効果があると認可されました。
現在では世界60カ国以上で販売されていて、多くの人が利用している人気の医薬品です。

日本ではまだ未承認なので一般的な病院では扱っておらず、一部の専門クリニックではプリリジーを処方してもらうことができます。
しかし健康保険が適用されないので、薬の代金は自己負担扱いです。
都市部の一部の専門クリニックだけが扱っているので、地方に住んでいる人は購入するのは難しいでしょう。
最近ではネット通販サイトを利用して個人輸入で注文することが可能です。住んでいる場所に関係なく自由にプリリジーを購入することができます。

もともとプリリジーの値段はやや高めに設定されていて、特許のある先発医薬品なのでネット通販でも高値になっています。
性行為毎に服用することになるので、コストがかかるでしょう。
プリリジーの通販ページはこちらにあります。ジェネリックの使用に抵抗がある方はプリリジーを使うのももちろん問題ありません。
インターネットのサイトから購入する場合、クリニックで処方してもらうよりも安価で注文することが可能です。
プリリジーと同じ効果のあるジェネリック医薬品を利用する方法もあり、ジェネリック医薬品は特許の切れた医薬品で開発費用がかからないので先発医薬品と同じ効果を持つ医薬品を安い価格で注文することができます。

プリリジーにもジェネリックがいくつか存在するので、購入費用を抑えることが可能です。
プリリジーは大規模臨床試験などが行われた後、安全性や有効性などが確認されヨーロッパやアメリカなどを中心に世界中で認可・販売されています。
既に数百万人以上の人が利用していて、効果や副作用などの臨床報告が行われていて、プリリジーの服用による重篤な副作用は報告されていません。

いくつか軽度な副作用は報告されていて、主なものは頭痛やめまい、ふらつきや嘔吐、下痢や睡眠障害などがあげられます。
安全性が高いことが判明されていて、射精時間をコントロールすることができ幅広い世代の人が利用している医薬品です。
日本では取り扱っているクリニックは少ないですが、海外では広く普及されています。

プリリジーを購入するならネット通販がおススメ

キーボードと買い物カート

プリリジーは早漏治療薬として特に知られていて、日本では早漏治療専門クリニックなどで取り扱っています。
日本ではまだ認可されていないので、クリニックやドラッグストアでは購入できません。
プリリジーを手に入れるには取り扱っているクリニックに行くか、インターネットの個人輸入代行サイトで注文する方法になります。

プリリジーの価格は1錠あたり2,000円~5,000円で非常に高く、日本国内の医薬品のように保険が適用できれば良いですがプリリジーは外国製の医薬品なので保険適用対象外です。
全額自己負担になりますが、早漏を改善したい人の中にはコストを抑えたいと考えている人も多くいます。
プリリジーにはいくつかジェネリック医薬品があるので比較的リーズナブルな価格で注文することが可能です。
ジェネリック医薬品もプリリジーと同じく個人輸入代行サイトで買うのがおすすめです。
インターネットを利用するとプリリジーはもちろんさまざまな種類の医薬品を購入することができ、日本では認可されていない海外製品をお得な価格で注文することができます。
プリリジーの通販ページはこちらにありますので、ひとまず確認してみるのも良いでしょう。
通販サイトの特徴としてキャンペーンやプレゼントなどのサービスを利用することが可能です。
通常プライベート梱包という中身が分からないよう郵送されるので、家族や配送業者の人にもばれる心配はありません。
尚、一部の通販サイトには偽者などを取り扱っている店舗もあり、安い理由だけで個人輸入代行サイトを使って購入するのはリスクがあることを考慮しておきましょう。

最も大きなリスクは副作用で、日本は公的機関が対応する「医薬品副作用救済制度」がきちんとありますが、個人輸入代行サイトの場合は利用できません。
基本的に海外の医薬品は自己責任によって利用しなければならず、もしプリリジーのジェネリック医薬品を注文するなら念のためプリリジーを処方するクリニックで診察を受けてから購入することをおすすめします。
問題なく服用することができれば個人輸入代行サイトを利用しても安全・安心して服用できるでしょう。
プリリジー自体には副作用が少ないので安心ですが、狭心症や心筋梗塞などの重度の虚血性心疾患や重度の心臓弁膜症といった特定の病気を患っていると服用することができない人もいるのでよく安全性を確かめてから購入することが大事です。